バイデン米政権は、イスラエルへの500ポンド(約230キログラム)爆弾の輸送を間もなく約2カ月ぶりに再開する。複数の米当局者が明らかにした。  政権当局者によると、500ポンド爆弾が「輸送手続き中」で、数週間でイスラエルに到着する見通し。一方、2000ポンド爆弾の輸送再開手続きは進んでいないという。  政権はパレスチナ自治区ガザでの民間人の死傷者を減らそうと、500ポンド爆弾と2000ポンド爆弾の輸送停止を5月に発表。  バイデン政権は、イスラエルが民間人保護に向けた信頼性のある計画をまとめずに、ガザ地区南部のラファに侵攻しようとしたため、爆弾の輸送を停止していた。