手を開いたら、生命線に沿ってクラブを置き、包み込むようにグリップしましょう。ショット時と比べて、手の握りがウイーク(浅く)になりますが、手のひらの向きとフェースが揃うので、方向性が出しやすくなります。

【第29回】アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー<br />Lesson29「パットだけは握り方を変えるのがゴルフの新常識」
理想的なショルダーストローク。パームグリップにすることで、アドレス時の手首の角度をフィニッシュまでキープできる。

 トッププロのアドレスをターゲット(カップ)側から見ると、前腕とシャフトが一直線になっています。それは手のひらで握っていることの表れです。手のひらでグリップし、一直線のラインをつくることによって、「体」「腕」「クラブ」の一体感が生まれて、理想的なショルダーストロークが実現するのです。

(取材・文/小山俊正)