ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インキュベーションの虚と実

ベンチャーキャピタリスト覆面座談会
起業家も投資家もレベルを上げねば未来はない

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第36回】 2013年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
5
nextpage

ベンチャーからスタートアップへ
数は増えたが質はまだまだ低い

筆者 起業の数が増えたという声と、投資案件が乏しいという声があるが、実際どのように現状を見ている?

A この数年でスタートアップの数も、投資案件の数も増えた。爆発的じゃないが、確実に増えている。

C 確かに。増えているという点は私もそう思う。この3~4年で「ベンチャー」から「スタートアップ」へと世界的に変化したのが大きいんじゃないかな。これまでベンチャーがたくさんあるのは米国くらいだった。日本じゃ、90年代なんかは特に「心に傷のある人」が起業するものと思われていた。とにかく、起業する人は特別な事情がある人、という位置づけだった。

 それが「スタートアップ」の時代になって、起業するということが身近になっている。広く多くの人が会社をつくるようになってきたということだ。

B でも、2~3年前のスタートアップ・ブームからは、成功した例はかなり少ない。メディアに注目されたけど、泣かず飛ばずというケースも多い。

A そう、投資案件は増えても、投資したい話の数というのは変わらない。三角形の底辺の部分が増えている感じ。

筆者 人の質は上がっているが、事業テーマがだめだから、投資する気がしない会社が増えているということ?

B どこにでもあるようなサービスが、日本にもいくつも出てくる。「それ、どうやってエグジットするの?」と聞きたくなる場面はたくさんある。ただ、それでも金を出す投資家はいるんだけどね。

A 日本はそこそこ幸せだから、事業として大成功するような斬新でわくわくするようなテーマが出てこないのかもしれない(笑)。片隅で、WebとかITとかで、頑張ってるというところで留まっているんだろう。小さくまとまっている。

*  *

 本連載第1回で示した事業創造2.0、つまり金がかからないスタートアップへの大変化が日本でも起こっていることは確かなようだ。もっとも、起業しやすくなって数は増えたが、質は伴っていないのが現状ということだ。

*  *

previous page
5
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

本荘修二

新事業を中心に、日米の大企業・ベンチャー・投資家等のアドバイザーを務める。多摩大学(MBA)客員教授。Net Service Ventures、500 Startups、Founder Institute、始動Next Innovator、福岡県他の起業家メンター。BCG東京、米CSC、CSK/セガ・グループ大川会長付、投資育成会社General Atlantic日本代表などを経て、現在に至る。「エコシステム・マーケティング」など著書多数。訳書に『ザッポス伝説』(ダイヤモンド社))、連載に「インキュベーションの虚と実」「垣根を超える力」などがある。


インキュベーションの虚と実

今、アメリカでは“スタートアップ”と呼ばれる、ベンチャー企業が次々と生まれている。なぜなら、そうした勢いある起業家たちを育てる土壌が整っており、インキュベーターも多く、なにより、チャレンジを支援する仕組みが存在するからだ。一方の日本はどうなのだろうか。日米のベンチャー界の環境の変化や最新のトレンドについて、25年にわたってベンチャー界に身を置いてきた本荘修二氏が解説する。また日本でベンチャーが育ちにくいと言われる背景を明らかにし、改善するための処方箋も提示する。

「インキュベーションの虚と実」

⇒バックナンバー一覧