ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

広告テクノロジーの変化に業界屈指の統合ソリューションで対応する米アドビ――製品戦略担当ビル・ムンゴバン氏に聞く

【第28回】 2013年10月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3

 また、当社のAdobe Marketing Cloudは統合的なソリューションです。ウェブサイトにおけるデータを収集し、さまざまな角度から計測、分析し、その結果をウェブサイトの最適化につなげたり、広告の入札金額を決定したりすることができる。現在、さまざまな企業がマーケティングソリューションを提供していますが、それらのソリューションではウェブ分析とのシームレスな連携はできません。

――昨今、我々オンライン・メディアにとっても、ウェブサイトの訪問者をより詳細に管理するデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)の概念が、とても重要になってきています。アドビはこの分野でもリーダー的存在です。

 2011年にDMPで有力なツールを持つDemdexを買収し、現在はAudience Managerとして提供しています。訪問者を単一のIDで管理することで、そのIDのトラフィックが何によるものなのか、たとえば広告経由であれば、適切な広告価値を分析し、広告購入に反映するといったことが可能です。アナリティクスとDMPの統合によって、DMPを単体で活用するよりも高い成果を得られることになるでしょう。

 一方で、他社からも統合型ソリューションが登場しつつありますが、当社製品の立ち位置は明らかに他社とは違います。

 当社はこれまでデザインや画像、ウェブ制作などのソフトウェアを通じて、クリエイティブ制作の現場に深く入り込んできました。Adobe Marketing Cloudは、そのクリエイティブ部門と近い関係にあるマーケティング部門のためのソリューションであり、クリエイティブ向けツールのAdobe Creative Cloudとの連携も可能です。

 それにより、マーケティングとクリエイティブの両分野のワークフローを効率化できるとともに、両組織のコラボレーションを促進することができるのです。

――アドビは、クリエイティブ部門とマーケティング部門のコラボレーションに必要なことがよく分かっている、と。

 その通りです。たとえば、当社は、デジタルアセット管理「DAM」を提供しています。DAMはドキュメント、Webページ、画像、ビデオといった手持ちのデジタル資産を一元的に管理し、再利用するためのソリューションです。クリエイティブチームやマーケティングチームは必要に応じてデジタル資産を活用することができ、業務を効率化するだけでなく、デジタル資産の再利用が進むというメリットを提供します。

モバイルデバイスを世界で最も使いこなす日本のユーザー

――日本のデジタルマーケティング市場をどのようにご覧になっていますか。

 日本市場をずいぶん前からモバイル分野のリーダーであると捉えています。当社がビジネスを展開してきたどの地域よりも、日本のユーザーはモバイルデバイスを使い慣れているからです。モバイル分野の今後の行方を見守るという意味で日本のマーケットに注目していますし、製品開発の参考にしています。

 企業のデジタルマーケティングツールの活用については、まだまだ単一のソリューションを使っている例が多いようです。そのため、分析担当者とマーケティング担当者、あるいはクリエイティブ担当者とのコラボレーションが実現していません。もちろんECサイトなどではそういうことも積極的に行われるようになっていますが、他の業種ではリソースが不足していたりデジタルに対する成熟度が低かったりして、手つかずの状態です。

 当社としてはデジタルマーケティングにおけるコラボレーションや戦略策定の重要性を市場に啓蒙していき、この分野を活性化させていきたいと考えています。
 

previous page
3
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

IT insight

情報家電、インターネット、ソーシャルメディア、携帯電話など、ITツールの最新情報に加え、激動の市場を勝ち抜くIT企業の戦略、ITを駆使した新しい企業経営の姿などを伝える。ITエグゼクティブや編集部の視点から、ITビジネスの最前線を徹底分析する。

「IT insight」

⇒バックナンバー一覧