ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「デジタルな日常」を生きる

新型iPadの発表でわかった
「デバイス」進化の(ほぼ)打ち止めと、
「やること」を届けるアップルの姿勢

松村太郎 [ジャーナリスト・著者]
【第6回】 2013年10月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

 デスクトップパソコン並みとうたう64ビットプロセッサの搭載、7.5mmの薄型デザイン、ここ最近の10時間バッテリ駆動、そして印刷物のような表示が可能なRetinaディスプレイ。ライトユーザーからクリエイティブに活用する人に至るまでを幅広くカバーし、他社の優位性を吹き飛ばすような性能を得たiPadシリーズは、今後微細な変更はあるとはいえ、当面のタブレットの進化を終えた完成形に近い製品といえるだろう。

 2010年にiPadが登場した際、「スティーブ・ジョブズ氏が披露する最後の形あるデバイスになるのではないか」と筆者は予測した。残念ながらジョブズ氏の死去により、それが現実のものとなってしまったが、それは本意ではない。

 スマートフォンとタブレットまでで、手にとって利用するデバイスの原型は出尽くしたのではないか、と思ったのだ。もちろん細かいスペックやサイズは今後も向上していくことになるだろう。しかし手にするデバイスとして大幅に形が変わることは当面ないのではないだろうか。

 体に身につけるウエアラブルデバイスになったり、例えば自分の好きな壁でコンピューティングができるような融合・遍在型になったり、より実態のないものになっていく、より新しい体験へコンピュータのコマが進むのではないだろうか。

OSと主要アプリの「無料化」

 様々なデバイスを「完成形」に近づけていくアップル。22日の発表では、彼らがハードウェアのメーカーであることを強く意識させる発表もあった。それは、OSや主要ソフトウエアの無料化だ。

 もともとモバイルデバイス向けOSである「iOS 7」は無料で最新ソフトをユーザーに配布してきた。グーグルの「アンドロイド」も無料であるが、デバイスによっては最新のOSにアップグレードできないものもある。これによって「モバイルOSでの断片化」というキーワードが生まれたが、3世代前のiPhone 4から最新OSをインストール可能とし、アップルのiOSはデバイスとOSの断片化が少ないとアピールする材料となった。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

松村太郎
[ジャーナリスト・著者]

まつむら・たろう/1980年生まれ・米国カリフォルニア州バークレー在住のジャーナリスト・著者。慶應義塾大学政策・メディア研究科卒。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)、キャスタリア株式会社取締役研究責任者、ビジネス・ブレークスルー大学講師。近著に「スマートフォン新時代」「ソーシャルラーニング入門」など。

「デジタルな日常」を生きる

スマホ、SNSなど、毎日の暮らしに欠かすことのできなくなったネット環境とデジタルツール。その一方で、セキュリティやプライバシーの問題、ツールへの依存、ネットコミュニティとの関わり方など、日々新たな問題が現れ、状況は変化している。私たちは「デジタルな日常」をどう生きていけばいいのか、米国シリコンバレー在住の記者が、生活者の目線で解説する。

「「デジタルな日常」を生きる」

⇒バックナンバー一覧