ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

思わず誰かに見せたくなる、
手軽に3D風写真が撮れるスマホアプリ

三浦一紀
2014年2月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2

 これがとてもおもしろい。目の前のものが、iPhoneのなかに入ってしまったかのような錯覚に陥る。もちろん、とても簡易的な合成なので、細部を見れば無理やり3D風にしているということはわかる。だが、これだけ手軽に3D風写真が撮影できるということに感動してしまうのだ。

 このアプリをインストールしてからというもの、会う人会う人にSeeneを見せている。なんとなく、誰かに薦めてみたくなるのだ。

 撮影した写真は、Seene内のSNSにアップロードできる。ちょうどInstagramと同じような感覚だ。また、TwitterやFacebookといった各種SNSへの投稿も可能だ。

 ただしひとつ問題がある。Seeneで撮影した3D風写真は、Seeneでしか見られないのだ。Seene内のSNSに投稿した場合は特に問題ないが、TwitterやFacebookに投稿した場合、サムネイルは表示されるものの、実際の3D風写真を見るには、Seeneそのものをインストールしなければならない。

 おそらく、この3D風写真は独自のファイル形式を採用しているため、Seeneでなければ閲覧ができないのだろう。せっかくおもしろい3D風写真を撮影してTwitterやFacebookに投稿しても、そのおもしろさが伝わらないというのは残念だ。

 そのようなこともあり、まだそれほど流行しているとは言えないカメラアプリだが、使ってみればそのおもしろさは一目瞭然。この記事を読んで興味を持たれた方は、ぜひともダウンロードして使ってみてほしい。きっと、誰かに見せてみたくなるはずだ。

(三浦一紀/5時から作家塾(R)

previous page
2
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧