ただ、せっかく事態を打開しようと勇気を出して相談に訪れているのに、支援者側の設計思想に合わないからと冷たくされ、やがて声もかからなくなって置き去りにされる現状があるのだとしたら、やる気のある当事者さえも傷つけ、あきらめの境地へと追いやる。行政としても、働いてもらいたいと思ってるはずなのに、支援の仕組みの見直しなしには、今回のような悲劇を地域で防ぐことはできない。

 大切なのは、引きこもる当事者が、いま何に困っていて、どうしたいと思っているのか。周囲が、本人の抱える課題に向き合い、社会につながる将来への道筋を一緒に考えていくことである。

※この記事や引きこもり問題に関する情報や感想をお持ちの方、また、「こういうきっかけが欲しい」「こういう情報を知りたい」「こんなことを取材してほしい」といったリクエストがあれば、下記までお寄せください。
teamikegami@gmail.com(送信の際は「@」を半角の「@」に変換してお送りください)

☆―告知―☆

※池上正樹 新刊のご案内※
 ひきこもり歴12年の40代男性と向き合ってきた3年間の記録。
『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)
9月19日発売 価格780円(税別)

●池上正樹 個人コラム『僕の細道』はこちら

●「講演&全員トーク ひきこもる心を楽にする集会~当事者の声から対応・支援を考えよう~ 」
 不登校・ひきこもりの当事者・経験者やそのご家族はもちろん、関係者や関心ある方などどなたでもご参加いただけます。 とりわけ当事者・経験者の方は「グループトーク(2)」で次の点についてどしどしご発言ください。
*何に困っている(いた)か。それを解決するにはどうしてほしい(ほしかった)か。
*何をしたい(したかった)か。それが実現するためにはどうしてほしい(ほしかった)か。 たとえば…散髪、服装、栄養、体力、虫歯、お金、買い物、手続き、家族、支援、etc.
【日時】4月12日(土)13時半~17時(13時受付開始)
【会場】神奈川県立青少年センター 研修室1
【定員】45人(申し込み先着順)
【会費】700円(当事者300円)
【特典】単行本は1000円で購入できます
【プログラム】
1.リレートーク
『教育・支援の視点から当事者の視点へ~メールマガジン愛読者に聞く~』
 (1)不登校編<加藤誠之氏(高知大学准教授)
 (2)ひきこもり編<関水徹平氏(立正大学講師)
2.出版記念講演
『教育・支援の論理から生活の論理へ~メールマガジンが本になるまで~』
 <丸山康彦(当スタジオ代表兼相談員)
3.テーマ別グループトーク
『聴きたい!言いたい!私or本人の生活』
 (1)不登校を支援するとは~フリースクール、家庭教師etc.   <桑原和也氏(明星大学講師)  研究と子どもの現場での実践を積み重ねている不登校経験者のお話と全員のディスカッション。
 (2)ひきこもり生活を語り合おう~困りごと・やりたいこと~   <伊藤書佳氏(編集者)   ひきこもっていて困ったことややりたくてもできないこと、それをどうしてほしいか出し合う。
 (3)本人が望むプロセスとは~“階段”より“スロープ”を~   <丸山康彦  当事者の今後の人生が「階段」ではなく「スロープになる家族の対応と支援システムを考える。
4.まとめ
【参加要項】
 *事前申込制。締め切りは4月10日16時。それ以降は当日会場で受け付けます。
 *申込書は案内書に挟み込んでいます。下記あてご請求ください。
 *メールによるお申し込みをご希望の方は添付用の申込書を下記あてメールでご請求ください。
 *お電話によるお申し込みは原則として業務日時内(火水木金の10~16時)に受付。ただし、つながらなかった場合はほかの日時でもかまいませんので再度お願いいたします。
 *ネット申し込みをご希望の方は「こくちーず」というサイトの申込フォームをご利用ください。
【申し込み・問い合わせ】電話:0466-50-2345
 メール:husta@@nifty.com(@をひとつにして送信ください)
詳細はこちらから

●第5回中高年人材センター全体ミーティング開催。初参加も大歓迎です。連絡先は middlejinc@gmail.com です。お待ちいたしております。
1.日時場所
日時:2014年4月27日(日)14時00分~17時00分
場所:東京都中央区立産業会館 第2集会室
参加費:無料
参加人数:20名~40名
なお、終了後に懇親会を行います(希望者のみ、実費)
2.議題(予定)
(1)カルチャーセンター構想
(2)フリートークの会体験
(3)新しいタイプの自転車
(4)新アイデアか! 「ほにゃらららひきこもり」( 「ほにゃららら」 の中は、当日のお楽しみ、島ごとに話し合い)
(5)中高年のひきこもり問題を考える「ひきこもり大学」の学部
  (島ごとに話し合い)
(6)クラウドファンディングにたぶん挑戦!
(7)分科会からの連絡
詳細→http://middlejinc.blog.fc2.com/

●「ひきこもり大学in東京キャンパス こもっていいとも?!」
5月4日(日)18時開場 18時30分開演
会場:戸塚地域センター7階多目的ホール(東京都新宿区)
1、 メンタルヘルス学部アダルトチルドレン学科
2、 失業学部中高年学科 
3、 発達障害学部
参加費: 当事者200円、
家族・一般500円
申し込み:下記アドレスまたは当日受け付けteamikegami@gmail.com(送信の際は「@」を半角の「@」に変換してお送りください)

●「ひきこもり大学」に関するお問い合わせが多いので、フォームをつくりました。話をしてみたい、話を聞いてみたい、アイデアを提供したい…など、こちらからお願いします。
http://katoyori.blogspot.jp/2013/09/hikikomoridaigakuform.html