ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

新プログラミング言語発表とヘッドホン製造会社買収から読み解く「クラウド戦争」時代のアップルの戦略

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第62回】 2014年6月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

 Beatsの事業売却については、昨秋から資本市場ではすでに噂になっていて、一時は日本の某通信事業者にも打診があった模様だ。しかし途中段階から「本命はアップル」という展開となり、水面下での交渉が続いていた。そして、買収が成立するなら、それなりの金額になるであろうことも、概ね予想されてはいた。

 しかし、30億ドルとは、相当な巨額だ。1500億ドル以上の現金を有するアップルの財務状況からすれば「大したことはない」というものだろうが、とはいえ絶対的には大きな金額である。Beatsのヘッドフォンと音楽配信サービスの価値としては、そう簡単に正当化できない。

スマートフォンのその先へ

 しかし、一見すると「高値づかみ」のようにも見えるBeatsの買収にこそ、アップルが次のパラダイムをどのように考えているか、そのヒントが隠されているように思う。あくまで私見だが、それは「スマートフォンはもはや母艦であり、主役は(ウェアラブルデバイスも含めた)周辺機器である」というものだ。

 スマートフォンは、急激な普及拡大に伴い、性能競争が大きく拡大した。一方で、画面サイズや入力方法等、人間の認知にも関係するボトルネックは、解消できない。また電池問題も、大型化(による大容量化)と省電力化によって多少は改善したものの、根本的には未解決の問題として存在し続けている。

 一方、スマートフォンの普及によって、クラウド・コンピューティング環境もまた、急激に普及拡大と性能向上が進んだのは、前述の通り。そしていまや、クラウドこそ主役という時代が近づいてきている。

 スマートフォンを高性能化することには、限界がある。一方でクラウド・コンピューティングは伸び盛り。こうした状況を素直に解釈すれば、スマートフォンそのものがサービスを実現するというパラダイムを続けるより、スマートフォンをサービスの窓口あるいは中継地として、いかに活用するかを考えた方が、進化のトレンドとしては無理がない。

 だとすると次に課題となるのは、スマートフォンよりもさらに人間に近いデバイスを、どのように自分たちのエコシステムに組み込むか、ということである。その一つが、ヘッドフォンだということだ。

previous page
4
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧