何度かクライアント企業の社長から電話が入ったときに居合わせたことがありますが、「折り返し連絡します」という対応はしません。その場でしっかり話を聞き、「1時間以内に改めて連絡します」と言ってその間に関係各所に連絡を入れて必要な手を打ち、一気呵成に問題を解決してしまう。要は自分が大切にしている相手に対し、その場その場で渾身の対応をするのです。

 自分のことを真剣に大切にしてくれる相手を、人は裏切れません。もっというと、みんなAさんに評価されたいと思っています。そんな関係をきちんと多方面にわたってつくったことが、積もり積もって年収1億円になっているわけです。

 つまり、年収1億円の人は自分が大切だと思う相手を、本当に大切にしています。具体的な日々の習慣でいうと約束を守り、相手の気持ちを察知しながら適切なコミュニケーションを行い、困っていれば親身に相談に乗って問題の解決に全力を尽くす。

 言葉にすると簡単ですが、実際に自分ができるかというとかなり難しい。まして多くの人たちを相手にそうした行動をとることは、非常に困難でしょう。Aさんがそれを長年にわたってやってきたのは、根底に相手に対する愛があるからではないか。あまりビジネスっぽくない言葉ですが、私はそう感じています。

<お知らせ>

本連載の著者・丸山貴宏さんの新刊『そのひと言で面接官に嫌われます』が好評発売中!

転職面接も、新卒面接も―こんな大事な「NGワード」があった!

面接を受ける際、面接官に対して、どのようにコミュニケーションをとればいいのか ── 面接官として豊富な経験を持ち、かつキャリアコンサルタントとして数多くの人の転職を成功に導いてきた著者が、面接で言ってはいけないNGワードを通して、面接官の心の内を解説しながら、面接ノウハウを伝授。