古くから日本の組織では、偉くなった人が自分の気配を消して、若く優秀な人に実質的な権限をどーんと任せてしまう「そうせい候」システムと呼ばれる仕組みがあった。そうせい候の代表は、幕末の長州藩主毛利敬親である。藩士の進言を聞くと、すぐに「そうせい(そうしろ)」と言う口癖があったとのことから来るのだが、転じて、経験豊富な偉い人が、自分が最後に責任は取るのだけども、最も物事がよくわかっている若い人物に思いきって権限移譲(丸投げ)してしまうという方法のことを指す(代理システムと呼んだりもしている)。

 この方法では、功なり名を遂げた人物が上層部に居ることで組織は安定する一方で、実質的な意思決定は、物事がわかる人物によって果敢に遂行されるという良さがある。以前の日本企業では、この仕組みがかなり機能していた。

 しかしながら、この「そうせい候」システムは、“そうせい”と言う立場の人の肝が据わっていて、かつかなりの大局観がないと「そうせい」とは言えず機能しないのである。事業環境がそれなりに安定していたときには、過去の経験をもとに世界観が安定しており、危機察知なども可能だったので、普通の人でも「そうせい候もどき」くらいにはなれた。しかしながら激変する事業環境の下、またコンプライアンスや内部統制の強化という事情もあって、ほとんどの人は、「そうせい候」にはなれない。

 かといって、前線で体を張って頑張るわけでもなく、中途半端に現場に介在してくるから、老害の影響力は以前にもまして大きくなっているのである。

 本来、そうせい候にもなれず、現在のビジネスの最前線が理解できないような人は、組織の重要なポジションに居てはならないのである。

老害は年齢そのものによって起こるものではない
40代から兆候が表れる人も

 最後にひとつ述べておきたいのは、「老害」は年齢との間に相関はあるものの、年齢そのものによってもたらされるものではないということだ。