「面談なんて必要ないから、案件の情報だけ欲しい」
 「いや、それはできません。やはり直接お会いした上でないと、自信を持って企業へ推薦することはできませんから」

 こんなやり取りが行われることになります。

 こうした事態が生じる根本的な問題は、転職希望者へのコンサルティングを重視する人材紹介会社と、オペレーティブに案件情報を提供する人材紹介会社が混在している点にあります。本来、両社は別のサービスとして区分したほうがわかりやすいのですが、現状はそうなっていません。

 案件情報をたくさん求めたいか、キャリアパートナーとしてのコンサルタントへの相談を重視するかで利用すべき人材紹介会社は異なります。したがって、転職希望者は自分に合った紹介会社の見極めが必要になります。

 ただし、そこには注意が必要です。社会人経験が5年を過ぎ、十分なキャリアを積んできた自信のある人なら、「自分の方向性は決まっているので、案件情報だけもらえればよい」と考えるかもしれません。しかし、そういう人ほど信頼できるキャリアコンサルタントを探し、きちんと相談すべきです。

 なぜならポジションが上がれば上がるほど、案件情報だけで判断できるほど単純な話ではなくなるからです。一人だけで考えたり、身の回りにいる狭い世界の人たちだけに相談したり、ましてネットで真偽不明な情報を取ったりして自分の将来を決めるのは、非常に危ういと思います。

エグゼクティブ層でも
キャリアコンサルタントに相談すべき理由

 信頼のおけるキャリアコンサルタントに相談したほうがよい、というのはエグゼクティブ層においても同様です。とくに経営者経験が長い人は「俺様」な態度が身についてしまい、そのまま面接にいったら確実にアウトになる人がかなりの割合でいます。