ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

IT投資の方針を決める
1枚のシートの作り方

――IT戦略施策のビジネスポートフォリオの作成

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第38回】 2015年3月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

戦略方針を反映した重みづけ

 施策評価表に記入したスコアをビジネスポートフォリオに落とし込むためには、具体的な質問項目ごとに重みづけを持たせることがポイントとなる。これは、経営者の意思をより的確に評価に組み込むことに他ならない。

 たとえば、攻めの経営戦略を方針とする場合は、「成長・変革が期待されている分野に対する施策である」「売上高や市場シェアの拡大に直接的に貢献する」といった質問項目に高い重みづけをつけることになるだろう。

 一方、守りを重視した経営戦略を方針とする場合は、「対応の必須度」「将来のリスクの低減」といった評価項目に重みを持たせるといった具合である。

 こうして評価した各項目のスコアを集計し、横軸に「経営上の重要性」、縦軸に「期待される効果」、円の大きさに「投資規模」としてバブル図を作成することで各戦略施策をプロットしたビジネスポートフォリオができあがる(図2)

 実際のところ、こうして作成されたビジネスポートフォリオは、厳密に評価を行ったものではなく、重みづけによって結果が変わることもある。したがって、それぞれの戦略施策の経営上の位置づけを正確に反映したものであるとは必ずしもいえない。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧