ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

IT投資の方針を決める
1枚のシートの作り方

――IT戦略施策のビジネスポートフォリオの作成

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第38回】 2015年3月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4

 実際にプロットしてみた結果に違和感があれば、スコアを見直したり、重みづけを変更したりして調整しても構わない。重要なのは、複数の案件を同じ尺度で評価し、1枚の図に俯瞰的に表現することで相対的な位置づけを示すことであり、それが納得感のあるものであるかどうかということである。プロットが正確であることよりも、こうして作成されたビジネスポートフォリオを基に議論ができることが重要なのである。

 経営上の位置づけも期待される効果も大きい施策(図2右上)は優先度が高いことはいうまでもないが、効果が小さいものの経営上の位置づけは大きいと期待される施策(図2右下)についても、計画的に実施していくといった方向性を打ち出すことができる。

 また、期待される効果は大きいが経営上の位置づけが小さな施策(図2左上)の施策は、投資規模などを考慮して取捨選択して実施するなどの方針で計画に組み込むことができる。

 さまざまなIT戦略施策や投資案件の可否や優先順位を判断することは、経営者にとって重要な任務ではあるが、そのために必要な判断材料は必ずしも揃っていないのが実態といえる。

 IT部門は、経営者がビジネスの視点と全社的な視野で適正な投資判断ができるような説明資料を提供することが求められる。その1つとしてビジネスポートフォリオは有効な表現手段といえる。

 一方、経営者は、事業の規模やこれまでの予算といった社内力学に左右されることなく、経営の目指す方向を反映した的確な判断を下すために事実と客観的評価に基づく判断材料を強く求める姿勢が望まれる。

previous page
4
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧