行政側と議会側の違いを痛感した山中市長
筆者が感じる地方自治の課題は尽きない

――しかし、市長提案の否決はこれまでも度々ありました。図書館関連議案が否決されたから任期途中で辞任する、というのは……。

「たかがこのくらいの事業で」とおっしゃる方もいます、そうではないんです。政局によって市民の幸せが阻害されることが大問題なのです。それに議案が否決されたことで、(図書館改革が遅れ)市民が負う必要のなかった負担が、増えることになります。そうしたことへの執行責任が生じます。それで誰かが責任を取らなければいけないと考えたのです。

――それで市長辞職ですか。しかし、議案を否決したのは議会です。首長に解散権はありませんが、どちらが責任を負うべきかの判断は市民によってなされるべきではないでしょうか。市長も議員も市民によって選ばれた存在です。 

 今回、行政側と議会側の違いを痛感しました。時間軸と当事者意識が違うと感じました。現場への影響に対する緊張感の違いや、ギャップも感じました。議会側は(やるべきことを)やらなかったことで生じる(市民の)不利益に対する緊張感を欠いているのではないでしょうか。もしも市民が議会に責任があるとご判断なさったならば、自分の進退についても考えたいと思います。