たとえ維新が「草刈り場」となっても
松野新代表は所属議員の「真贋」を見極めるべき

 もちろん、橋下市長という強烈な「カリスマ」を失った維新の党が、このまま党勢を失い、バラバラになっていくという見方も強い。「大阪維新の会」出身の議員たちには、民主党との連携に強いアレルギーがある。一方で、政策的に安倍政権に親和性がある。松野新代表が民主党との協力を強め、安保法制や憲法改正に批判的なスタンスを強めれば、大阪維新の会系の議員は、反発することは必至だ。その時、自民党が、大阪維新の会系の議員を取り込もうと接近する可能性がある。もちろん、民主党も維新の党との対等合併ではなく、一方的な「吸収合併」を狙ってくるだろう。維新の党は、今後自民・民主両党の「草刈り場」となってしまうかもしれない。

 だが、松野新代表は、たとえ離党する議員が出ても、ジタバタしないことだ。元々維新の党は、急ごしらえで人材を集めてできた党で、様々な問題が起きてきた。女性として最年少となる26歳で大阪市議会議員に当選し、「橋下ガールズ」と呼ばれながら、週刊誌にて大阪都構想のデメリットや党内のパワハラを暴露して世間を驚かせた村上満由元議員。大阪維新の会と全く関係がないのに「西宮維新の会」を勝手に名乗っていた「号泣県議」こと野々村竜太郎兵庫県議会議員、女子中学生とLINEでトラブルを起こした山本景大阪府議会議員、飲酒運転でひき逃げ事故を起こした西井勝堺市議会議員、そして、本会議をさぼって外出していたとして離党勧告を受けた上西小百合衆議院議員など、裏切者や偽物が次々と現れてきたのは、記憶に新しい。

 今後も「橋下氏がいなくなったら、次は生き残るために誰に付こうか」と保身のために右往左往する者が出てくるだろう。だが、そういう議員は、むしろ早くいなくなったほうがいい。現在の状況は、個々の議員の真贋が明らかになって幸いだと、割り切って考えるべきだ。

 そして、橋下氏というカリスマが去り、大阪都構想という「夢」が潰えた今こそ、維新の党が、「偽物の志士」を追い出して、少数精鋭の「真の志士」の集団となり、原点に戻って、政策実現への取り組みをスタートさせるべき時だ。そして、維新の原点とは、もちろん「地方主権」の実現であるはずだ。

「憲法改正」をやりたい安倍政権だからこそ
維新は国政の場を主戦場として「地方主権」を目指せ

 大阪都構想は、高橋洋一教授が論じたように、「地方自治の適正規模」に議論が集中していた(高橋洋一『藤井教授に再反論する「大阪都構想」は都市経営として合理的だ』)。端的に言えば、「大阪府が、大阪市から財源をどう奪うかの話」に終始していたといえる。だが、本来の「地方主権」の議論というのは、「国から地方が権限と財源をどう奪うか」ということのはずだ。換言すれば、地方主権の本来の主戦場は、大阪ではなく、国政の場であるはずだ。