この“オバサンたちは、どうしたらそんな怪しい投資詐欺話にひっかかるの?”“どんな目的でこんな投資しているの?”と、首を傾げて傾げても傾げたりないのだが、この暴走する「オバサンキャピタル」とでもいうべき資金に、投資の目的をお伝えするのが本連載の目的である。

 そこで今回の第3回目のコラムでは、規律ある合理的な投資に必要な第一段階である、「投資をする目的/理由の整理」から、投資音痴の代表選手であるオバサン投資家、私の母でもあるミセス・パンプキンと対話していきたい。

投資をする理由・目的は何か
~「目的なき金儲け」の危険な末路

サスペンダー:(夕飯の鍋を囲みながら)ミセス・パンプキン、いきなりやけど、投資の目的は何やと思う?

ミセス・パンプキン:金儲けや。有閑マダムで優雅な人で、頭の体操の為とか言う人はいるで。そやかてな、ものすごく上品で金持ちの奥さんで、株やってることを私が知ると、「ウチが株やってること、他の人に言わんといてな」と念を押さはるねん。まだまだ株と言うのは、上品な奥様方がするものではないという風潮があるみたい。

サスペンダー:で、パンプキンは何て言ったん?

ミセス・パンプキン:で、その時な、エリザベス女王でも株持ったはんねんで、て言ってあげてん。ニュースで、女王がなんぼ損した、とか言うやろ? 世界一のクイーンでさえ、投資目的で株をもってはるのだから、株を買うことは秘密にするような事ではないと。で、あんたの質問に戻ると、投資の目的は、金もうけ。うまいこといったら、楽して儲かる。

サスペンダー:パンプキン、ではその“儲ける”目的は何なん? 例えばあの金持ちやったの親戚の叔父さん、資産何十億ももってて、ビジネス成功してたやろ? でもその時、多方面に投資しまくって、銀行から借り入れしてまで土地買いまくって、それで最後バブルがはじけてやられた。

 資産を30億とか持ってたら、大切なのはお金をさらに儲けることでなく、そのお金をどれだけ守るかということやと思わへん? 投資の目的が、人によって違うはずやと思わへんか?

ミセス・パンプキン:あんた、うるさいで! ブツブツ言ってんと、この鍋、冷める前に食べや? あとこのフルーツ、せっかく切ってあげたのに、まだ食べてへんやんか!

サスペンダー:はいはいゴメン、すぐ食べるわ。