ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シリコンバレーで考える 安藤茂彌

企業の中の陸軍と海軍、グローバル市場での敗退は陸軍偏重が原因か

安藤茂彌 [トランス・パシフィック・ベンチャーズ社CEO、鹿児島大学特任教授]
【第29回】 2010年3月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

「海軍」的な留学組は
日本企業では排除される

 国際展開をしているある大手日本企業のOBが次のような話をしてくれた。

 海外留学組は帰国後数年間経つと、その多くが退職した。本人の転職志向というよりは、日本企業の中に、海外帰りを排除する風土があるからだ。「俺たちは忙しく仕事をしていたのに、連中は遊んでいた」、「人前で平気で英語を話す」、「帰国組はズケズケと物事を言う」といった周囲の嫉妬に悩まされる。日本の企業には社員の同質化を求める傾向が極めて強いのだ。

 帰国した海外勤務者にも似たような状況が起きる。シリコンバレーにある現地法人に勤務し、下手だった英語にも慣れ、地元に溶け込んだところで帰任命令が出る。海外での経験を高く評価してくれると思って帰任したところ、与えられたポストは期待はずれの格下げポストだった。自分は生かされていないと感じ、悶々とした日々を送る。年齢が上の人は早期退職して自分の道を探り、若い人は外資系企業へ転職していった。

 日本企業で出世をしようと思ったら「陸軍」でなければならない。「海軍」になってはいけないのである。周りの人が知らないような特殊な経験をしてはいけないのである。仮に海外経験をしても、それは言わずに周りの人と同じ土俵で同じ仕事をして「陸軍」として勤め上げる以外にないのである。海外勤務で実績を上げて本社のトップにまで登りつめたケースは稀なのではないだろうか。

 陸軍と海軍は価値観が違う。陸軍は「世界は日本と同じはずだ」と考えている。できる限り日本流儀を押し通そうとする。そのほうが周りの理解を得やすいからだ。だが一旦日本とまったく違う状況が起きると対応に苦慮する。多くの場合ここで立ち往生してしまう。決断を下さないでズルズルと状況の変化を待つ。

 海軍は「世界はそれぞれ違う」と考えている。むかし海軍は外国の港に寄港するたびに、食糧・水を大量に調達しなければならなかったから、寄港地の状況に応じて機敏に対応する習性を身につけたに相違ない。補給するのに時間がない。決断を下さざるを得ない。異なった環境の中で如何に早く自分に有利な状況を作り出すかをしぶとく考えるのである。

 現代の海外勤務者・留学生はこうした「海軍」の知恵を身に着けている。異文化の中で生きていくために自然と身につけたのだ。これは異国で失敗を繰り返しながら体で覚えたもので、知識として伝達するのは難しい。だが、企業が国際的な事業展開するにはこうしたマインドが必要なのだ。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

安藤茂彌
[トランス・パシフィック・ベンチャーズ社CEO、鹿児島大学特任教授]

1945年東京生まれ。東京大学法学部卒業後、三菱銀行入行。マサチューセッツ工科大学経営学大学院修士号取得。96年、横浜支店長を最後に同行を退職し渡米。シリコンバレーにてトランス・パシフィック・ベンチャーズ社を設立。米国ベンチャービジネスの最新情報を日本企業に提供するサービス「VentureAccess」を行っている。VentureAccessホームページ

シリコンバレーで考える 安藤茂彌

シリコンバレーで日本企業向けに米国ハイテクベンチャー情報を提供するビジネスを行なう日々の中で、「日本の変革」「アメリカ文化」など幅広いテーマについて考察する。

「シリコンバレーで考える 安藤茂彌」

⇒バックナンバー一覧