人事未経験の課長だから
「トンデモ人事」の悪しき常識を壊せた

 一方、このやり方に対しては、「会社説明会で能力開発演習をするとは、選考をしていることと同じではないか」との懸念を持つ方もいるかもしれないが、能力開発演習を提供しているだけで、その結果を測定したり評価しているわけではないので、選考にはあたらない。

「我が社ではこのような能力開発演習を実施しているので、自分に合うかどうか体験してみましょう」という、会社で取り組んでいることの紹介、いわば会社説明とも言える内容であろう。

 実施した演習の中には、面接時にも役立つコミュニケーション演習も含めていた。そうなると、N社が提供した能力開発演習でスキルを高め、他社の採用選考に役立てようという学生がいるのではないかという懸念を持つ方もいるかもしれない。

 もちろん、そうした学生もいるだろう。しかし、それ以上にN社に応募してみたいと思う学生も増えるのではないか。事実、会社説明会の応募者だけでなく、面接の応募者が増えたことが、効果の方が高かったことの証左と思われる。

 今回、私は、N社の新卒採用プロセスにおける、能力開発演習を担わせていただいた。採用支援をさせていただいている企業を含め、いくつかの企業の人事部長へ、会社説明会を実施する代わりに、会社のバリューを体感し潜在能力を高める演習をすることの意義をお話しすると、ほとんどの方から、言葉をオブラートに包んでいるとはいえ、「会社説明会で研修なんてとんでもない」、「会社説明会で研修なんて、どこもやっていない」という意味のリアクションが返ってくる。

 もし、N社での成功の最大の要因が、人事未経験のO氏を採用・育成課長に抜擢したことだとすれば、現行のトンデモ人事の問題は、やはり人の入れ替えが必須だと思わざるを得えない。

※社名や個人名は全て仮名です。本稿は、個人の見解であり、特定の企業や団体、政党の見解ではありません。