サプリなどの抽出物には
期待された結果が得られないことが多い

夏目 意味なかったの!?これはどう考えればいいんですか?

稲島 実は、抽出物には期待された結果が得られないことが多いんです。以前ご紹介した、ブラックコーヒーを1日に何杯か飲む習慣がある人は糖尿病にかかりにくかったという臨床研究があったじゃないですか(記事はこちら)。でも、クロロゲン酸やカフェインなど、コーヒーの成分を抽出したものを飲んでも糖尿病の予防や治療は期待できないのではないかとお話ししました。

夏目 そのデータ、覚えてますよ。

稲島 それと同じで、畜肉よりも青魚を摂る人は、心臓病が少ない。でも、その原因と思われるEPAを抽出して摂取しても、思われていたような効果がなかったんです。そして、なぜそんなことが起きるか、因果関係ははっきりしていません。

 こういった結果から言えるのは「健康に良い」「○○に効く!」などの表面的な文句を鵜呑みにしないほうが良い、ということなんです。EPAや他のω-3脂肪酸などは、動脈硬化以外に他の効果が期待できるかもしれないですが、他の多くの健康食品などは「飲んでみる」ことはせずに「調べてみる」ことをお勧めします。キーワードを使って医学論文を検索したり、データをあたるのが望ましいですが面倒だと思うので、興味があれば、少なくとも効果を証明した引用の確かな本や記事を読んでいただきたいです。

夏目 じゃあ、仕方ないから、魚をつまみに一杯やりますか。

稲島 いえ、せっかくおいしい店があるなら焼肉にしましょうよ。体に良い悪いだけで食事を決めるのもまたナンセンスで、おいしい食事をいただくことも、人生の重要な楽しみですから。

夏目 なら最初からそう言ってくださいよ!面倒くさいお医者さんだな……。

稲島 でも……。

夏目 でも?

稲島 「食事を楽しむ」なんて言いながら、私には「摂取しない」と決めている脂があるんですよ。肉でも食べながら話しますか。

夏目 ……。(今日も長そうだな)

>>続編『マーガリンやコーヒーフレッシュはなぜ体に悪いのか』に続く

>>続編『マーガリンやコーヒーフレッシュはなぜ体に悪いのか』を読む