消費者、その強く儚い存在

 超成熟化が進む日米欧の市場において、消費者はもう「モノ」を求めてはいません。でも同時に、多くの消費者は、自分一人でオリジナルな「スタイル」(価値観とそれに沿ったモノやイメージ一式)を創り上げるほどには強くありません。消費者とは強くわがままで、孤独で儚(はかな)い存在なのです。

ゆえにモノに「スタイル」を求めます。自分のライフスタイルを代弁してくれるモノを求めるのです。

 今伸びている国際的な高級ブランドは全て、独自のスタイルを持ち、モノの機能自体よりもその独創性やデザイン、イメージ作りや顧客へのサービスにお金と労力を注いできたものです。

 米Apple(アップル)然り、独Porsche(ポルシェ)然り、仏LVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)然り。

世界に拡がる「スタイル」ブランドを、日本はこれから幾つ発信できるのでしょうか。20世紀は独仏伊の圧勝に終わりました。そしてこの20年は、Harley-DavidsonにAppleといった米勢の圧勝です。ではこれからは?

 挑戦はまだ始まったばかり です。

 2016年はどんなイノベーションが生まれるのか。そしてこの小コラムがそれに資することが出来るのか。楽しみです。

 でもまずは、ひと休み。みなさま、よいお年をお迎えください。読書三昧も、オススメです。

参考図書
『ビジネスモデル全史』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
『ハーレーダビッドソン経営再生への道』(翔泳社)

お知らせ

『戦略読書』(ダイヤモンド社)が12月18日発刊され、書店の店頭にも並びはじめています!

 是非、手にとって内容をお確かめください。読書ポートフォリオ、効率的リターン、発見法、書斎術など読書に関わる全テーマを1冊に網羅しています。また、独自の視点を生むための435冊のブックガイドも付いています。

 もしくは、無料電子版も「口絵+序章+カラーのブックガイド」が本紙100頁分!紙版はこちら、電子版はこちらでどうぞ。書籍オンラインでは内容紹介の7回連載もスタートしています。

 1月22日にはダイヤモンドHBRとのコラボイベントが開催されます! 参加者にはオススメ本435冊の書影を詰め込んだカラー小冊子(64頁)の特典付きです。お見逃しなく。

 また、記事へのご質問・ご意見などはHPまでお寄せください。Official Websiteの「お問い合わせ」で受け付けています。

 
第129講『ハーレーでもらい事故。過失ゼロ被害者は結構大変!』を読む