自動車もアナログな内燃機関からデジタルな電気自動車に主流が移り、部品点数が減って造り方が変わると、市場シェアにもガラリと変化が起こってしまうのでは

長島 だいぶゆっくりと起こるんだと思います。その理由は、車が「動く」からでしょう。静的なモノのシミュレーションや電子制御は楽ですが、動的なモノのそれは累乗的に難易度が上がってしまう。グーグルカーのような簡易的な車は別として、その上の領域になってくると安全性の問題もあり、一筋縄ではいかない。

 しかも自動運転の世界になると、人の操作以上の反射神経の速さが必要になりますから、今よりも高い性能が求められます。自動運転のハードなり制御システムなりを作る領域を考えると、グーグルがやれることは限定的でしょう。

「いずれは自動運転もコモディティ化しますよね」

いずみだ・りょうすけ/慶應義塾大学商学部卒業。米フィデリティ投信などで電機、通信、メディア分野を担当するアナリストを経て、GFリサーチ合同会社を設立。投資家向けメディア「Longine」編集委員長も務める。 Photo by Mitsufumi Ikeda

泉田 もう一つ気になるのは、変化への対応能力です。自動運転のコモディティ化が前提と考えると、ユーザーが使いたいと思えるサービスプラットフォームを持つ企業が存在感を増しますよね。

 典型的なのはアップル。同社の場合、ハードでも消費者に訴求できる垂直統合型で、どの領域でも自社でハンドリングできるから強いわけです。米電気自動車メーカーのテスラモーターズは、そうしたポジションを狙っている気がします。

 そもそもモノよりサービスで攻める方が、世界で一気に面を取れます。ウーバーもそうですが、サービスプラットフォームを作ってしまえば、その下にぶら下がるハードではなく、サービスでもうければいいという発想です。

 問題は、製造業がそういう変化に対応するのが早いのか、それともサービス業が一気に展開するのが早いのか、です。

長島 そこはサービス業が強いと思います。自動運転は、あるときから突然、可能になりますよね。法律や保険制度がそろった瞬間、社会的にゴーとなるでしょうから。

 そのとき、準備ができているプレイヤーは誰か。自動車メーカーもハードを研究開発して間に合わせることはできますが、シェアリングモビリティの顧客・会員となり得る個人データベースを持つプレイヤーが、どうしても強い

泉田 自動車メーカーがこれから集めていけるか……。アップルやグーグルの方が、個人情報のリーチが段違いに大きい。こういった考え方を、日本の自動車メーカーではどこまでトップマネジメントが理解しているんでしょうか。

長島 まだこれからだと思います。

泉田 ドイツ勢はどうですか?