今後、日本企業が現場のサラリーマンの努力を無駄にせず、世界的に見て良い競争ポジションを獲得するためには、その分野におけるグローバルコミュニティのインナーサークルで中核のポジションをとれる人材を計画的に作っていかなければならない。選ばれた「エリート候補」には若いうちからお金を与え、教養を身につけさせて、権限を与え、「エスタブリッシュメント」としてインナーサークでもビビらずに活動し、重要な事項を胆力をもって決定できるようになってもらうべく育成するのだ。これは、設備投資などに比べれば格段に小さな投資であり、その割に大きなリターンが見込まれる。不平等感さえ気にしなければ、一般サラリーマンにとっても結果的に十分にメリットがあると思うのだ。

 我ら普通のサラリーマンの代表が役員になり、会社を通して大きな影響力を行使する。平等で理想的に思えるが、それにこだわることが全体のマイナスにつながるのであれば、考えも制度も変えるべきだろう。「役どころとして最終的に役員に落ち着いた人」に世界的規模での競争のポジショニングを左右させる場に参加させる方法だと、個人の能力の問題ではなく、競争条件そのものが悪すぎるのである。

(構成/大高志帆)

※なお、本記事は守秘義務の観点から事案の内容や設定の一部を改変させていただいているところがあります。