区は、「子育てするなら品川区」のスローガンのもと、様々な試みを通して子育て支援に取り組んでいる。その代表が放課後のケア。2010年5月1日現在の学童クラブ登録児童数は8431人で、2位の江戸川区(4517人)を2倍近く上回っている。

「子育てし易い街」の代名詞
実は若年人口が急上昇している

 小学校の登下校時に当たる午前8時と午後3時に、花の水やり、買物、犬の散歩など屋外に出て子どもを見守る「83運動」は、2005年に始まった区民総出の子供支援活動。品川区発のこの試みは、今や全国に広がりつつある。

 住宅が密集している品川区では、それ故に古き良きコミュニティが今も残り続けている。児童福祉だけではなく、地域福祉全体がきめ細かい。民生委員1人当たりの年間訪問回数は414回とダントツの1位。23区平均(148回)の何と2.8倍だ。

 そんな品川区の0~12歳人口比率は15位、0~6歳は13位と、子供が特に多い訳ではない。しかし、過去5年間に23区平均で0~12歳が4.0%、0~6歳が3.5%増加したのと比べ、品川区の増加率はそれぞれ13.6%、15.4%に上る。同期間中の区全体の人口増加率は5.1%だから、子供の数は急増している。

「子育てするなら品川区」とは、掛け声だけではなさそうだ。

■品川区基礎データ
面積 22.72km2(10位) 世帯数 19万1144世帯(9位)夜間人口 36万2507人(10位) 昼間人口 50万5034人(11位)

<次回は板橋区をご紹介します>
◆本連載では、各回のコンテンツ上でご紹介出来なかった、それぞれの区のグラフや情報について、Twitter上でつぶやいています(http://twitter.com/dol_tky23)。皆さまの地元の情報や逸話も含めて、情報交換出来ればと思います。ハッシュタグ「#tky23」宛で、お待ちしております!