リモノは車体を軽くするため構造材などには樹脂を多用している。大手総合化学メーカーの三井化学が、その樹脂を提供している。「伊藤さんたちのコンセプトに心から共鳴しました。研究員は私が指示した仕事はつらそうにやっているけれども、リモノの開発は手弁当で楽しそうにやっている。伊藤さんたちの思いが続く限り、その想いに応えられるよう頑張っていきたい」(星野太 常務・研究開発本部長)。

 車体の生地を提供しているのが、高機能繊維メーカー大手・帝人の子会社、帝人フロンティアである。「わが社はテントの生地を販売して60年になります。戸外で使えるということがリモノのコンセプトに合致したのでしょう。生地は防水性、防火性があり、リサイクルもできます。クルマというのはいままでなかった用途なので、ワクワクしています」(野田賢一東京キャンバス資材課長)。

 とりわけ意外なパートナーとしては、電子楽器で有名なローランド。リモノ専用のサウンドを作り上げた。クルマにとって音は、実は情報の伝達手段なのだ。例えば、ガソリンエンジン車ならスピードを上げればそれに応じたエンジン音がするし、ウインカーを出せばカチ、カチという音で動作中であることを、バックする際にも警告音で外部に知らせる。つまり、音は運転者向けと外部向けという二つの情報伝達の役割を負っている。

 ローランドが創り上げた音は3種類。それぞれ「リモノが○○だったら」というコンセプトで作られている。一つ目は「楽器を積んでいたら」、二つ目が「ロボットだとしたら」、三つ目が「ぜんまい仕掛けだとしたら」という状況をイメージしたサウンドだ。音を届けられないのが残念だが、やはり音は直感的にハートに響く。どのサウンドも01の「かわいい」を引き立てていて楽しさ倍増だ。

「将来的にはユーザーが好きな音色をダウンロードして、音を入れ替えられるようにできると楽しいなと思っています」(伊藤氏)。

 ローランドの宮本多加男RPG新規事業推進部長は「伊藤さんとは今年の3月24日に秋葉原の居酒屋でお会いした。伊藤さんがノートPCでプレゼンテーションされて、それならやりましょうとなった」と話す。出会いからわずか2ヵ月足らずで、これらの音が創作されたというわけだ。

 根津氏が開発の過程をこう振り返る。「このプロジェクトはこういう方々に支えられて、ここまで来ています。会社の大小はあまり関係なくて、結局どういう方がその会社にいらっしゃるか、いかにそういう方々とがっちり手を組んでいけるかが大切なんだと再認識しました」。