純一さんは妻の守銭奴ぶりに驚きを隠せませんでした。純一さんは日常の家事を妻とほとんど平等にやってきたので、「夫のために家事の一部をやってあげたのだから、相応の見返りが欲しい」というのは無理があるでしょう。

 純一さんの貯金はおおよそ800万円でしたが、妻のおかげで夫の貯金が増えたのかどうか、共働きの場合、専業主婦の場合に比べ、「妻の貢献度」は掴みどころがなく曖昧なのに、なぜ「夫の貯金の2分の1」を渡さなければならないのか、純一さんは首をかしげざるを得なかったのです。

 ところで財産分与の対象になるのは当然、「結婚後の財産」だけです。もし、純一さんが結婚時の残高を覚えていたり、結婚を境に口座を変更していれば良いのですが、まさか結婚するときに「離婚のこと」を視野に入れるような人はいないでしょう。純一さんは結婚前も後も同じ口座を使っており、その口座にお金を貯めていたので、前述の800万円のうち、いくらが結婚前で後なのか分からず、そのせいで結婚前の財産まで請求されるハメになったのです。

 なお、財産分与の対象は夫だけでなく、妻の財産も含まれます。本来、純一さんだけでなく、妻の財産も合計して、合計額を夫5割、妻5割という具合に分け合うのが原則です。しかし、純一さん夫婦の場合、夫婦の家計は独立採算性。夫は夫で、妻は妻で自分の財産を管理しており、純一さんは結婚から現在まで、妻の通帳や証書、証券、インターネットバンキングを目にしたことはなく、妻がいくら貯めこんでいるのか見当もつきませんでした。

 離婚が視野に入っていれば、財産分与で不利にならないよう「お金を使いすぎじゃないか」と妻をたしなめたり、「どのくらい持っているのかな」と妻に探りを入れたり、結婚時点での口座の残高を確認しておけば良いのですが、純一さんは妻が出て行くまで離婚が頭になく、前もって財産分与の対策を講じることもできなかったのです。

 ところで財産分与の原則は、夫と妻の財産を合計し、合計額を夫5割、妻5割という形で分け合うという形です。もし、夫の財産額と妻の財産額がほとんど同じなら「財産分与」としたところで、お互いに損得はありません。例えば、夫の財産が500万円、妻が500万円なら、合計額は1000万円ですが、原則通りに財産分与となったところで、夫の財産は500万円(1000万円×2分の1)、妻の財産も500万円(1000万円×2分の1)なので夫から妻へ財産が流れることはありません。

妻と直談判へ
夫が用意した4つの切り口

 しかし、今回の場合、妻が「あんた(夫)の貯金の半分をくれたら別れてやってもいいわ!」と言っているのです。これは「夫+妻の合計額を夫婦で折半」ではなく「夫だけの財産を夫婦で折半」という意味です。

 これでは妻は自分のお金を散々、使い込んで「いい思い」をした上で、さらに夫の財産の2分の1である400万円(純一さんの貯金は800万円。結婚前か後か不明ですが、800万円の2分の1は400万円)を手に入れることができるのだから、まさに「使ったもの勝ち」です。しかも妻とは違い、純一さんは質素倹約につとめてきたのに、「正直者が馬鹿を見る」という何の救いもない結末を迎えてしまいます。最悪の結果を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。

>>後編『浪費妻が離婚で財産の半分を要求!倹約家の夫が貯金を守れたワケ(下)』を読む