経営 X 人事
なぜ日本企業の人事部は採用が下手なのか?
【第2回】 2016年7月12日
著者・コラム紹介 バックナンバー
服部泰宏 [横浜国立大学大学院国際社会科学研究院准教授]

日本は遅れている!?米国企業の採用はここまでやっている

「あらゆるものを駆使する」のが採用の常識

 「他の誰かが作った媒体に募集広告を出しておけば、自ずと良い人材がやってくる」という時代はとうの昔に終わり、企業は、自社にとって利用可能なテクノロジー、科学的知見、そして人脈などを駆使して積極的に攻めの人材採用を行っている――。米国企業の採用を眺めるとき、私はそんな風に感じる。

 米国では、人材関連企業が、採用活動の代行・仲介だけでなく、クライアント企業の採用担当者のトレーニングや能力を向上させるサービスを提供するケースも増え始めており、総じて、社会として人材の採用力を向上させようという機運を感じる。

 もちろん米国企業の採用に全く問題がないわけでは決してないが、こうした攻めの姿勢、そして経営活動全体における採用活動の優先順位の高さこそが、米国の強みの1つであるように思えてならないのだ。

 次回は、実際の米国企業での採用事例を紹介したい。

経営 X 人事 特集TOPに戻る

 

服部泰宏(はっとり・やすひろ)[横浜国立大学大学院国際社会科学研究院准教授]

1980年生まれ。2009年神戸大学大学院経営学研究科マネジメント・システム専攻博士課程を修了し、博士号(経営学)を取得。滋賀大学経済学部専任講師、同准教授を経て、2013年4月から現職。著書に『日本企業の心理的契約 増補改訂版: 組織と従業員の見えざる契約』(白桃書房)など。
 


なぜ日本企業の人事部は採用が下手なのか?

日本企業はすでにグローバルな人材をめぐる採用・育成競争に巻き込まれ、負けている。まず、この現実を認識するところからスタートしなければならない。その上で、この連載では、世界の企業の採用に目を向けてみる。「人材がこそが最重要のリソース」だと本気で信じ、それを実行に移している世界の企業では、一体どのような人材採用が行われているのか。その中から、日本企業にとって学ぶべき点があるとすればそれは何か。

「なぜ日本企業の人事部は採用が下手なのか?」

⇒バックナンバー一覧