ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

パソコンはオワコン?を覆して
黒字化したVAIO社の生きる道(下)

――PC以外の新たな柱を模索する事業戦略

大河原克行
【第123回】 2016年8月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

 VAIOの赤羽良介執行役員副社長は、「海外のライセンス供与先には、VAIOの製品やブランドをしっかり理解してもらい、我々と同じ気持ちでビジネスをしてもらう必要がある。こうしたことができるパートナーと組むことが前提であり、その仕組みが正しいことをブラジルのPOSITIVIO INFORMATICA S.A.との協業によって実証できた」とコメント。大田社長も、「適切なビジネスパートナーとの協業によって、海外進出の成果があがっている。今後も当社の身の丈にあった海外進出を順次進めていく」と語った。

直感で選ばれる商品を企画

 このように国内PC事業以外の新たな事業でも着実に歩みを進めている。では、2016年度は、どんな成長を描くのだろうか。

 大田義実社長は、「2015年度に確立したPC事業および受託事業の『安定と発展』に取り組む」とする一方、「財務体質健全化の実現により新たな投資を行うことで、VAIOのもうひとつの柱となるビジネスを育てる『第3のコア事業の立ち上げ』を目指す」と語る。

 PC事業を中心とした「安定」への取り組みに関しては、「2015年度とは方針は変わらない」とし、「VAIOのものづくり姿勢『快』の継続」「数量を追わない/頻繁なモデルチェンジを行わない/ターゲットユーザーを明確に」という方針を掲げ、さらに、事業性を第一に効率的に収益をあげていくことを重点とする「各モデルの事業計画とP/L作成を継続」、ユーザーの要望によって仕様を変更するキッティングやセキュリティ提案の強化による「法人向け施策を強化」を掲げた。

斬新なカラーリングの「VAIO C15」

 VAIOのものづくり姿勢である「快」の継続においては、このほど、新製品として「VAIO C15」を投入。形にして見せた。

 VAIO C15は、ファッショナブルPCと位置づける15.5型ノートPCで、大田社長は、「これまでのように、CPUやHDDなどの機能を比較検討して選ぶのではなく、雑貨や服のように、『これ、好き』といった直感で選んでもらえるものを目指した製品」と語る。

 素材感が異なるツートンカラーでデザインされ、個性的ながらも部屋に置いた際に、インテリアになじみ、愛着がわく色を選択。家族で使用することを想定して、必要とされる性能と拡張性を備えているという。これまでのPCにはない新たなアプローチの製品である。

 「自分に合ったインテリアや服、バッグのように、日々の気分、仕事するときの気持ちを高めてくれるような、既存のPCにはない個性的なカラーリングやデザインも、VAIOが考える『快』のひとつである」とし、これを新たな「快」の実現に位置づける。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

大河原克行


IT&ビジネス 業界ウォッチ

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧