ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

手ごわい問題ほど『対話』で解決する時代!? ビジネスでも社会問題でも、「対話のスキル」が求められるワケ

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第19回】 2010年4月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 いま、英語で“ダイアローグ”と呼ばれる「対話」がちょっとしたブームになっている。「対話」が持つ力が再認識されている、あるいは再構築されていると言った方がいいかもしれない。

 さまざまな社会問題の解決に対話の力を活用するというと、それは理想主義的すぎると感じる人も多いだろう。筆者自身も「念仏さえ唱えていれば、世界は平和になる」という考え方には与しない。しかし、解決すべき社会問題はますます複雑になっているし、個人の価値観や文化の問題も絡んでくると、力だけでは世界をより良き方向に変えることは不可能であることも事実だ。

 途上国に学校を作るというシンプルなアクションでさえ、対話が必要だ。先進国のNGOが学校を建て、子供たちが勉強できるようになるというのは、僕らの感覚からすれば良いことに違いないが、現地の農家の親にとっては、貴重な労働力を奪われることにもなる。「長期的に見れば、子どもに教育を与えた方が得ですよ」といくら言っても、例えば、アフリカに多く見られるように、数キロ離れた水くみ場まで毎日水を汲みに行くのは女の子の仕事といった地域では、教育を受けるメリットよりも、子どもの将来よりも、今日を生きるための水汲みという労働を優先させてしまうのは、仕方のないことだと言える。

 だから、まともな教育支援を行なっているNGOであれば、むやみやたらと学校を建てたりはしない。現地のコミュニティをきちんと巻き込む形で、学校を建てている。そうでなければ、たとえ建物はできたとしても、結局子どもは学校に通えないという状況になりかねないからだ。このように、教育支援という比較的対立を生まないようなアクションであっても、対話はやはり必要なのだ。

ビジネスは、利害関係の塊。
複雑な関係の中で求められる「対話の力」

 社会貢献への理解が深まるほどに、対話の力の重要性も理解できてくる。そしてこの、社会問題を解決するための対話力が、実はビジネスにも役立つこともわかってくる。なにしろ、企業活動というのは、複雑な利害関係のバランスの上に成り立っているからだ。

 企業はなるべく商品を高く売りたいが、顧客は安く買いたいと思っている。納入業者は原料や部品を高く売りたいが、企業は安く買いたい。従業員はなるべく高い給料が欲しいが、株主や顧客は従業員の給料が安い方が好都合だ。企業活動というのは、「利害対立の塊」であると言ってもいいかもしれない。

 さらに近年は、「企業の社会的責任」がますます広範囲に重くなっている。直接取引のない納入業者の下請けの工場の労働環境や、自社が直接買い付けているわけでもない原料の購入価格にまで責任を負わされる。フェアトレードと言えば聞こえはいいが、これを推し進めることは、それまでその地域を牛耳ってきた問屋の利権を侵害することにもつながる。

 その結果、フェアトレード団体が入り込んだ農村を、問屋が機関銃で襲撃したりするケースもあると聞く。あるフェアトレード団体では、これまでに40人以上の仲間を殺されたという。フェアトレードもキレイごとではない。まさに命がけの行動だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧