「権力」とはいったいどういうものなのか、これらの5つの性質から認識することができるでしょう。

 さらに、5つの性質を大きく分けると、次の2つに分類されます。「Position Power(ポジションによるパワー)」と、「Personal Power(人間力)」です。

 (1)~(3)が「Position Power」であり、(4)と(5)が「Personal Power」にあたります。

 これは何を意味しているのか。それは、リーダーは、「Position Power」と「Personal Power」の両方を持ち合わせていなければならない、ということです。

権力を使わないと仕事が進められない
リーダーに欠けているもの

一流のリーダーはなぜ権力を振りかざさないのか本連載の『なぜ一流のリーダーは東京ー大阪間を飛行機で移動するのか』(本体800円+税)が好評発売中!

 権力を振りかざさない限り、仕事がうまく進まないリーダーには、きっと、この「人間力」が欠けているのでしょう。

 リーダーは、「人としての器」が試される場面が多々あります。

 一流のリーダーは、自身の「権力(この場合、Position Power)」だけをいくら行使しても、いいチームを築き上げることができない、良い結果を生み出せないと知っています。そこには、限界があるのです。

 リーダーとなる人は、人間としての器を兼ね備え、周囲から愛され、信頼されなければ部下はついてこない、ということを知っておいたほうがよさそうです。

 日本社会に愛のある素晴らしいリーダーが増えていきますように。

(株式会社リンクCEO 人材育成コンサルタント 一流秘書養成スクール校長 能町光香)