朝起きて全身のだるさを感じたら
朝・昼・夜の食事間隔と量を見直そう

 そして、適度に肉や魚を食べているし、鉄分不足ではないはずなのに、全身の倦怠感があったり、朝からスッキリしない感じがしていたら、食事のタイミングと量をチェックしましょう。

 朝・昼・夜の3食の中で、夜の量が圧倒的に多かったり、夕食から朝食までの間よりも、昼食から夕食までの間の時間の方が空いている、なんてことはありませんか?この食間の時間が逆転しないように気を配ることと、夜の食事量が突出しないように自分なりに分配することを心掛ければ、ジム通いはもっと効果が出るでしょうし、朝活も、もっとすっきりした心身で取り組めるはずです。仕事や生活をより充実させるための活動やタイムマネジメントには、食事時間もセットで考えるとより良いものになるでしょう。

 そして、何をしても痩せないのであれば、朝食のタイミングと量を見直すのがおすすめです。「え?夜ではないの?」と思われるかもしれません。早寝早起きの習慣を作るためには、まずはとにかく早く起きて、早く眠れるリズムを作るのが近道ですが、食事においても、夕食を調整するよりも、まずは朝食を食べるようにすることから着手するのがおすすめです。理想の朝食をおいしく食べきるには、夕食の時間と量をどのくらいにするといいのか、自身の体調と相談して調整していただきたいのです。

 よく、朝食は体内時計のリズムを整えるために大事だと言われます。体内時計が乱れると、自律神経が乱れやすく、太りやすくなるばかりか、体調も崩しやすくなります。通勤時間が長くて家で食べる時間がない、という人も、起きてから2時間以内に食べるようにすれば大丈夫です。朝食を食べる人と食べない人では、肥満になる割合が5倍も違うというデータもありますので、朝食を食べないのはもったいない!としか言いようがありません。