「Android利用者はメーカー指定ではなく、Androidの中から良い端末を選びますが、iPhone利用者はAndroidの選択肢はなく、次もiPhoneを指名買いしています。そしてメーカーと端末が分離したAndroidと違い、端末とOSが同一であるApple製品は統一性があるため、一度iPhoneを使うと他を選択しない傾向にあります」

 また、世界では“高級機”とされているiPhoneが、日本では“一般機”なのも大きいという。吉本氏は続けて話す。

「世界ではiPhoneは高級端末で簡単には購入できませんが、国内はキャリアの販売奨励施策で、分割やキャッシュバックで非常に買いやすい端末であったことが日本人の大多数がiPhoneを所有できたと考えられます」

 他にも、スマートフォンと言えばiPhoneを真っ先に浮かべるイメージが醸成されているのも大きいと言う。

「2007年に北米でiPhoneが発売され話題が日本にも伝わる。その中でソフトバンクが国内初のスマートフォンとして2008年にiPhone3Gを国内で販売し、大行列ができるフィーバーとなりました。その初期のiPhone購入者とメディアの評判でスマートフォン=iPhoneの地位が確立したと思います」(吉本氏)

 確かにiPhone登場以前を見てみると、欧米では「BlackBerry」というスマートフォンが登場していたが、日本では一部の企業内で用いられたのみで、一般にはほとんど普及しなかった。そのため、日本人にとってのスマートフォンはやはりiPhoneということになる。それだけ、iPhoneを日本に伝道したソフトバンク創業者・孫正義が引き起こした“ビッグウェーブ”は大きかったということか。

 実際の利用者の声はどうか、現在iPhone 7を使っている20代女性はこう話す。

「iPhone 6から7に乗り換えました。単純に新しいiPhoneが発売されたから購入しました。学生の頃はAndroidを使用していましたが、やはり操作性がもっさりしており、iPhoneに乗り換えてからはその不満がなくなりました。今後もiPhoneを使い続けたいと思います」

 一度iPhoneに乗り換えると、使いやすいのでやめられなくなるという図式がありそうだ。iPhoneがそれだけ魅力的なデバイスであることに加え、国内大手3キャリアが様々な制度を駆使したことで、高級機であったはずのiPhoneを手頃なものにした――それが日本の根強いiPhone人気に繋がっているようだ。言い換えれば、やはりそれだけ、日本は豊かな国だということを実感するべきなのかもしれない。

(文・河嶌太郎)

AERA dot.より転載