口コミスコアで割安、高配当の
最先端ランキングを初公開

 週刊ダイヤモンドは今回、両社の協力を得て、VCPC組織スコアの上位133社を抽出し、三つのランキングを作成した。

 ランキングに当たって使用したのはPER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、そして配当利回りという三つの指標だ。

 PERは、企業の収益に対して株価が割安かどうかを判断する指標で、「株価÷1株当たり純利益」で算出する。1株当たりの購入代金(株価)を何年分の利益で回収できるかを示しており、業績面から株価を判断できる。数値が低いほど割安とされる。

 PBRは、企業の時価総額が実際の純資産と比べてどれくらい割安かを示す指標だ。「株価÷1株当たり純資産」で算出する。現時点で企業が解散したときに株主が受け取る1株当たりの金額であり、企業の資産内容から株価を判断することができる。1倍を下回ると割安とされる。

 ただし、PBRが1倍未満の場合でも即買いは禁物だ。例えば、赤字続きの企業は純資産が年々減り続けており、破綻リスクが高まる。資金繰りに窮している倒産寸前の企業も同じだ。

 配当利回りは、株価に対する年間配当金の割合を示しており、「1株当たり配当金÷株価」で算出する。現在の株価で投資した場合、1年でその何パーセントを回収できるかが分かる。2%なら50年分の配当金で資金を回収できる。

意外な企業がランキング上位入り
銘柄選びのヒントに

 ここからは、VCPC組織スコアを活用して週刊ダイヤモンドが作成した最先端の優良株ランキングの一部を見ていきたい。

 次ページの図のランキングは、企業文化が超優良なVCPC組織スコアの上位133社を、PERが低い順にランキングしたものだ。