「中身を好きに」は間違い
不快にさせない見た目がスタートライン

 婚活において、見た目はもちろん大切ですが、中身も非常に重要なことです。今回は、そんな中身のアピールの仕方についてお伝えしましょう。

 ただ、あらかじめ言っておきますが、婚活中の人の中に「私は見た目が大事とは思わない。中身を知ってから好きになってくれる人とお付き合いしたい」と力説する人がいますが、あきれてしまいます。

 そもそも、まず「相手を不快にさせない見た目」になることで、ようやくスタートラインに立てるわけです。そこに立たずして、前に進むことはあり得ません。食べ物だって、おいしそうに見えるものを選ぶでしょう。中身を見てもらうのは、選ばれた後の話です。

 さらに問題なのは、結婚したいという目的があるのに、「ありのままの私を見てほしい」とのたまう面々です。

 前回(「婚活現場で大量発生『顔と胸』にしか興味がない男たちの不思議」)もお伝えしましたが、「目的」を見失ってはいけません。結婚したいなら、ありのままの自分を見てもらうより、自分のいいところを売り込んだ方がずっと効果的です。