中国ビジネスで必要なのは
強い精神力と柔軟さ

 実は、この農業フォーラムの会場は、海南省の省都海口市から車で2時間半の距離にあるボーアオという場所で開催されたもの。会場で、元金融・郵政改革担当大臣だった自見庄三郎さん一行と合流した後も、自見氏を巻き込んで私的イベントを続行させた。自民党の副幹事長や、国民新党の代表などを務めた経験があるだけに、自見氏は中国のことに詳しい政治家だ。

 フォーラム期間中に、自見氏も誘って私たちはボーアオで最も有名なテーマ型レストランバー「海的故事」(海物語)を訪問し、経営者らと交流した。廃棄された漁船などを利用して個室を作ったこのレストランバーは、地元では非常に有名だ。近年、寒い季節に海南で過ごす、胡錦濤元国家主席もここに立ち寄ったことがある。経営者の蒋翔さんが自ら案内してくれたおかげで、普段は体験できない話もいろいろと聞けた。

 フォーラム自体はいろいろと混乱もあったが、結果的には私的イベントを通じてかなり充実したものになったと自負している。中国ビジネスは、遭遇戦に強い精神力と、様々な事態に臨機応変に対応できる柔軟さを必要とする。

 さて、読者のあなたは、そんな中国ビジネスに挑戦したいだろうか。

(作家・ジャーナリスト 莫 邦富)