「性病科は絶対にいや!」
受診したのは歯科だった

「病院へ行こう」

 慌てて受診を決断した2人だったが、さて、何科へ行けばいいのか。性病なら性病科なのかもしれないが、安祐美さんは「絶対にいや」だという。

 そこで「口の中が乾く、痛い」でネット検索したところ、「ドライマウス」という病名がヒット。口の中の異常は歯科・口腔外科の専門分野ということが分かり、「ドライマウス外来」のある歯科を予約して訪れた。

「ドライマウスですね。日本語では口腔乾燥症といいます。女性に多い病気です。病気や薬の副作用、加齢、ストレス等が原因で唾液の分泌が低下し、口の中が乾いてしまう病気です。あなたのように、口の中が痛くなったり、口内の粘膜同士がくっついてしゃべりにくくなったり、水分の少ないおせんべいやクッキーなどが飲み込みづらくなります」

 詳細な問診と唾液の量を測る検査、血液検査等の後、医師はそう言ってリーフレットを開き、主な症状を教えてくれた。 

◎ドライマウスの主な症状
●舌が乾いてヒリヒリする
●口の中がネバネバする
●クッキー、パンなどが食べにくい
●話している途中で唾液がなくなる
●口臭がきつくなる
●口内炎や口角炎ができやすくなる
●舌がひび割れる
●味覚がおかしい

「ああ本当ですね、あてはまる症状ばかりです。原因になる病気には、どういうものがあるのですか」

 尋ねる安祐美さん。