酒の場で顔を合わせたくない人、気を使う人と一緒に時間を過ごさなければいけないのが忘年会なのだ(写真はイメージです)

誰もが経験!?忘年会のモヤモヤ

 年末の喧騒を際立たせるのが、忘年会の存在である。今年も、いくつもの忘年会をこなし、師走を駆け抜けてきた人が多いのではないか。もしかしたら、大晦日前になった今でも、まだ忘年会ラッシュが終わっていないという人もいるかもしれない。

 忘年会といえば「無礼講」で楽しむものだとされているが、多忙な時期にお酒を飲むイベントであるからこそ、トラブルはつきもの。年を忘れ、新年に向けて心を新たにするつもりが、重大な禍根を残す事態になる可能性もあるから注意が必要だ。

 今回は、忘年会でのうんざりした振る舞いや非常識な言動について、アンケートや聞き取り調査を実施した。自身が体験したモヤモヤを振り返りながら読み進めてほしい。

女性をコンパニオン扱いするおじさんたち

 まず、筆者が取材した中で最も多かったのが、女性からのこういった不満だ。

「女性はコンパニオン、下っ端は店員さんごっこをしないといけない」(20代女性)

「女性社員が男性社員に配膳したりお酒をついだりしなければいけないこと」(20代女性)