というのも、管理職になるとこれらに加えて、「部下の職務遂行能力を上げるため、部下を育成する」というポイントが増え、重要になってくるからです。

課長に求められていたのは
部下からも信頼される上司

 したがって、ただ単に褒めたり、叱ったりしても意味はなく、それが部下に対していかに作用するのか、その「効果」を考えながら指導し、育成していく必要があります。そのためには、まず部下に信頼され、話やアドバイスを聞いてもらわなければなりません。

宮本実果(みやもと・みか)/1975年札幌生まれ。フリーアナウンサー、鉄道企業広報、人材開発コンサルタントなどを経て、産業カウンセラーを取得。2007年に「MICA COCORO」(東京・渋谷区)を設立。11年間で6500件のセッションと社員研修を行い、ビジネスパーソンの問題解決を多方面でサポートする。15年から社内外で通用する実践型人材育成養成講座「NEXT STAGE PROJECT」をプロデュース。著書は「仕事は人間関係が9割」(クロスメディア・パブリッシング)

 つまり、A課長に一番求められているのは、「部下からも信頼される上司になること」なのです。

 そこで重要となってくるのが「コミュニケーション能力」。これは営業職だけにとどまらず、一般的に社会人に求められている能力です。

 ただ、ここで多くの人が勘違いしていることがあります。それは、お客様から好印象を抱いてもらえることを、「コミュニケーション能力が高い」と認識しているということです。特に若い社員にこうした傾向が強く、部下の田中さんもそう考えている節があります。

 もちろん、お客様から好印象を抱いてもらうのも大事なことです。しかし、ビジネスシーンにおけるコミュニケーション能力とは、そもそもお客様に好印象を与えることを目的としてはいけません。お客様と信頼関係を構築し、仕事の成果を上げることを目的にすべきなのです。A課長は、田中さんにこのポイントを正しく指導しなくてはならないのです。

 では、こうしたコミュニケーション能力を、どうやって身につければいいのでしょうか。