とはいえ、悩みを相談しにいっているのに、解決策を一切示さずに否定ばかりしてくる、という占い師の態度にはぐったりしました。『ではどうすれば状況は改善するのでしょうか……?』と聞くと、それを伝えるのにあと1時間はかかると言われ、追加料金を要求されて。最低な占い体験でした」(30代女性)

 相談者が占いに求めるのは、つらい現状からの脱出。背中を押してほしい、という人もいるだろう。ほしいのは解決策や解決に近づくためのアイデアにもかかわらず、それを一切口にしてくれないとなると、占いに行く意味がない。

 ひたすらネガティブなことだけを言うのも、まるで相談者に八つ当たりをしているようにも見えてならない。相談者にとって「運が悪かった」としか言えない、悲しい事例である。

モンスター占い師に
あたってしまったら?

 お金と時間、せっかくコストをかけて占いに行くのなら、良い占い師にあたりたい、と思うのは当然のことだろう。ただ、占い師と一口に言っても、すべての占い師が質が高く、悩みを解決へと導いてくれるとは限らない。

 悲しきかな、当たりハズレもある。前出のように、口コミでは良い評価を得ていたように見えた占い師であっても、いざ自分が鑑定してもらうと、そうではないケースもあるのだ。それゆえ、良い占い師にあたるかどうかは、ある意味で「運」の要素も大きいといえる。

 ただ、できる限り、モンスター占い師は避け、適度に良い占い師にあたるには、占い好きな友人・知人に直接、生の声を聞いてみるのがベターだろう。話しているうちに、悩みが軽くなっていき、人生がより良い方向へ向かう――皆さんがそんな占い師にあたることを願う。