ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
気はやさしくて胃痛持ち
【第7回】 2012年3月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
市川純子 [(財)日本ヘルスケアニュートリケア研究所]

しっかり者の妻に家計を握られている夫。
小遣いの少ないことだけは同僚に知られたくない

previous page
3
nextpage

「最低2万円ぐらいは
財布に入れておきたい」

 会社では、Cさんは人のいい責任感の強い上司と思われていた。たまには、部下を飲みに誘って悩みや愚痴を聞いたりしたいが、常に自分の引出しの小銭を確認している自分が情けなくて、その度に胃が痛くなるのだった。

 以前、会社を代表して、取引先のテキスタイル会社の創立記念式典に出席してほしいと急に言われたときには本当に困った。手持ちは数百円だから大阪の日帰り出張なんてとても無理だ。困り果てて、仲のいい同僚に5万円を借りてしのいだ。

 財布にお金が入っていないことで仕事に支障があっては困る。翌朝Cさんは思い切って妻に聞いてみた。「仕事柄、財布には最低2万円くらい入れておきたいのだが」

 すると妻は烈火のごとく怒った。「家を買うために頑張っているの。朝早く起きてお弁当も作っているのよ」

 それ以降妻に値上げ交渉することは諦めてしまった。あの朝の妻の怒りを思い出すたびにまた胃が痛む。

 妻の手作り弁当のおかずが少ない日は、100円ショップで買ったふりかけをかけて食べている。そのことは部下に気づかれたくなかった。天気のいい日は屋上で弁当を食べているが雨の日がつらい。

娘の「お受験」を前に
妻の要求はエスカレート

 Cさんの妻は娘ができたら劇団に入れて女優にするのが夢だったらしい。娘が幼稚園に入るときにその夢を聞いて驚いた。小さな頃からバレエやピアノ、ヒップホップダンスやリトミックを習わせていたのもそのためだったらしい。

previous page
3
nextpage
Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事


DOLSpecial

underline

話題の記事

市川純子 [(財)日本ヘルスケアニュートリケア研究所]

1961年生まれ。財団法人日本ヘルスケアニュートリケア研究所 所長。広告代理店で大手私鉄の広報を担当。その後PR会社に転職し、医薬品や化粧品分野に携わる。2003 年にJ&Tプランニングを設立。代表取締役に就任。研究や情報の開発も行いヒット商品を数多く手がける。医療健康美容分野の研究のために2010年財団を設立。


気はやさしくて胃痛持ち

失われた20年と呼ばれる日本経済。そんな長い停滞のなかをがむしゃらに、ひたむきに日々の仕事・生活を生きてきたビジネスマンたち。さまざまなストレスに耐えてきたカラダもそろそろ注意信号を出す頃。いろんな職場のいろんなビジネスマンのいろんな悩みと不調を少し悲しく少しおかしく紹介します。

「気はやさしくて胃痛持ち」

⇒バックナンバー一覧