研修期間中に起きた新人同士の喧嘩はロッカーへの落書きが発端。落書きは故意に会社の備品を傷つけた悪事行為であり、懲罰対象になることをお忘れなく!(写真はイメージです)

4月から始まった1ヵ月間の新人研修。ロッカーへのいたずら書きがきっかけで、新人2人が喧嘩を始める。さらに派閥までできてしまい、雰囲気が悪化。状況を打開しようと、研修担当の課長はどんな対策を講じるのか。今回は入社時期と重なり、新人に関するトラブル事例を紹介したい。(社会保険労務士 木村政美)

<甲社概要>
  人材派遣会社。全国規模で営業展開。本社の他に支店が10ヵ所ある。従業員数は約500名。会社の業績は好調で、大卒を中心に毎年新規採用を行っており、今年は17名の新卒者を採用した。4月の入社式後は1ヵ月間、本社で座学研修を受けることになっている。昨年に続き、人事のC課長が研修を行っていたら、大きな問題が……。
<登場人物>
A:新入社員。22歳。元気が良くて明るい性格。場の空気が読めず失敗してしまうことも……。
B:新入社員。22歳。成績は優秀だが、クールでマイペースな性格。
C:本社人事課長。40歳。新入社員研修の責任者。
D:Cの大学時代の同級生で社労士。

「おっはよーっス!」

 研修初日の朝、Aは研修会場へ入ってくるなり大声で叫んだ。そして自分の席に着くと、後ろの席に座っているBにも声をかけた。

「B君だよね、おはよーっ!」

 しかし、Bは返事をせず、スマホに夢中だった。

「ちぇっ!へんな野郎だな。挨拶なしかよ」

 AはBの態度が不愉快だったものの、翌日以降も気にせず毎朝Bに挨拶をしたり、いろいろと話しかけたりした。ところがBはスマホを見ているか本を読んでいることがほとんどで、Aに対してはシカト状態だった。