ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

“集金マシン”としてのソーシャルゲームに明日は創れない!「ポケモン+ノブナガの野望」の制作トップが語るビジネスサステナビリティ

――石原恒和ポケモン社長×襟川陽一コーエーテクモゲームス社長 
スペシャル対談

石島照代 [ジャーナリスト]
【第27回】 2012年3月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage
いしはら・つねかず
1957年三重県生まれ。筑波大学大学院芸術学研究科修了。1995年、ポケモン開発関連会社である、株式会社クリーチャーズを設立、初代社長に就任。2000年ポケモン設立と同時に現職。

石島:その一方で、「ポケモン+ノブナガの野望」という名を初めて耳にした時に思ったのは、なぜ「ポケモン無双」ではないのかという疑問でした。

 「信長の野望」で知られるコーエーテクモゲームスは、全シリーズ出荷本数2700万本以上を出荷した「無双」という人気コンテンツも持っています。過去に「ガンダム」、「北斗の拳」、「ワンピース」など、人気コンテンツとの豊富なコラボレーション実績もある。ビジネス効果を考えますと、「ポケモン無双」でもよかったのでは。

石原恒和氏(以下石原):今回の企画はコーエーテクモさんからの提案でスタートしましたので、その中にはやはり「ポケモン無双」の企画もありました。でも、どうせやるなら自分が好きな「信長の野望」とコラボレーションしたいと思いまして。

 「無双」シリーズは剣を振り回して敵をなぎ払う、“一騎当千の爽快感”が売りのゲームですよね。でもポケモンは武器をもたないし、爽快感を得るゲームは「スーパーポケモンスクランブル」とかの分野で追求しているので、今回は新しい分野を開拓しようと。

 とくに、「信長の野望」を作られた襟川さん、つまりシブサワ・コウさんと仕事ができるなら、信長と組むしかないだろう、と最初から考えていました。もし、襟川さんが一歩引いて、現場は別の方が見るというなら、別の方向もあったと思うんですけど、今回は私自身も襟川さん自身も「一緒につくろう!」という環境ができそうでしたから。

石島:つまり、石原さんも襟川さんも、今回は現場どっぷりだったということですか。

石原:そうです。襟川さんは特に自ら開発ラインを止めたくらい、熱心でしたよ(笑)。開発もそろそろ終盤というころに、いきなりコーエーテクモさんサイドから「内容を作り直します」と言われまして。本当に締切ギリギリだったから、驚きました。

 理由をお尋ねすると「ウチの襟川がこれじゃまだダメだと言うんです」。コーエーテクモさんは締切をきっちり守ってお仕事をされる一方、納得がいかない時は立ち止まって、完成度を高める努力をされる。ギリギリまでこだわる物作りの姿勢は、ポケモンと通じるところがあると思いました。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧