「節約してるのになかなかお金が貯まらない……」「老後の資金づくり? 何もやれていないんだけど……」「資産運用の情報が多すぎて、何から手をつければいいのか……」そんな家計の悩みをお持ちの人も多いのでは? ずぼらな人でも簡単にできる「家計システムのつくり方」を解説した、ロサンゼルス在住のFP主婦・岩崎淳子氏の最新刊『お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計』より、内容を一部抜粋してお届けする。

アクティブ投信の勝利は“たまたま”である

 前回の記事では、市場全体の「平均値」を購入する「インデックス投資信託」こそが、ふつうの家計にとっては、最も有望で最も手堅い「お金の貯め方」である理由の1つめを見てきました。

※参考
ふつうの家計が「勝ち組」を狙うと損をするワケとは? 「預金だけじゃダメかも…」と思ったときに知っておきたいこと

 それによれば、有望株だけをピックアップして、そこだけに投資しようとする「アクティブ投資信託」は、手数料が高くなってしまい、結果的には「パッシブ(受け身)型」のインデックス投資信託にはかなわないということでした。

 一方で、こう考える人もいると思います。

 「アクティブ投信でいい成績が出せれば、手数料が多少高くてもいいんじゃない?」