イオン岡田元也社長の長男がビオセボン・ジャポン店長に就任
外資系金融を経てビオセボンの店頭に立つこととなった岡田尚也氏(中央)。イオンのどのような将来像を描いているのか Photo by Satoru Okada

小売業界のガリバー・イオンを率いる岡田家の“御曹司”が、フランス発祥のオーガニック食品スーパーと提携した国内2号店の店長に就任した。低価格戦略を得意とするイオンだが、品質重視のノウハウを磨き上げることができるだろうか。(週刊ダイヤモンド編集部 岡田 悟)

仏スーパーとの合弁店店長に
岡田元也社長の長男が就任

 パーマのかかったヘアスタイルに蝶ネクタイ姿で、店員にきびきびと指示を出す。取引先などの関係者と笑顔であいさつを交わし、開店前に集まった買い物客に、濃縮還元ではない100%フルーツジュースを振舞う――。

 イオンがフランス発祥のオーガニック食品スーパー・ビオセボンとの合弁で設立したビオセボン・ジャポンの2号店が、東京・中目黒に4月20日開店した。その店長を務めるのは、国内小売業最大手のイオングループを率いる岡田元也社長の長男、尚也(なおや)氏である(写真)。