不安は、前進するために必要なエネルギー

吉田潤喜(よしだ・じゅんき)
1949年12月7日、7人兄弟の末っ子として京都で生まれる。アメリカにあこがれて、1969年1月24日に単身渡米する。波乱万丈のアメリカ生活をサバイブした末、自家製秘伝のタレをベースにしたヨシダソース(正式名称:ヨシダグルメのたれ)を生産販売してアメリカンドリームの体現者となる。米国の中小企業局、Small Business Administration(SBA)が選ぶ全米24社の中に、FedExやインテル、AOL、ヒューレットパッカードなど並んで「殿堂入り」を果たす。2005年にはNewsweek誌(日本版)「世界で最も尊敬される日本人100」に選ばれる。現在、ヨシダグループとして18社を抱え、グループの会長職務と地元料理番組のレギュラー出演、各地での講演から、日本国内での様々な番組出演・各メディア取材などこなし、世界中を飛び回る日々を送っている。(Photo by 森藤ヒサシ)

本田 第2の手紙は、【決断】です。本の中にも書いたのですが、「決断をすること=自分の新しい未来を創り出すこと」であると、私は考えています。
「決められないこと」は、現実にはなりません。それなのに、多くの人が、決断を先送りにしようとします。その理由は、「決断には不安や恐れがともなうから」だと思うんです。
 何かを決めるとき、『これでいいのだろうか?』『もっと、いい選択肢があるのではないか?」と考えてしまうと、決断ができなくなってしまいます。

吉田 むしろ僕は、「不安」は、喜ぶべきことだと思っていて、「不安」をなくしてはいけない。
 人生だってビジネスだって、「これからどうなるかわからない」という不安や恐れがあるから、死にもの狂いで頑張るのであって、不安こそ、前進するために必要なエネルギーなんじゃないかな。
 どんな人にも、「負けることへの不安」「失敗への怖さ」がある。僕にだってある。あって当然。でも、その不安や怖さから逃れようとして、人は頑張る。そんなふうに思うな。

本田 私も、「不安や恐怖を感じるのは当たり前」だと考えています。それに、人間の心理は不思議なもので、「不安や恐怖を感じてもいい」と自分に許可を与えると、かえって不安を感じ続けることができないんですよね。決断を先送りにしていると、それだけ、スタート地点で足踏みをすることになります。ただ待っていても、時間を浪費するだけで、何も生み出しません。