H課長 「C君、X社へのプレゼン資料だけど、週明けに一度打ち合わせしようか」
Cさん 「あ、はい。前回は成功したので、今回も同じような資料を提出すれば、うまくいくのかなと思っています」
H課長 「でも、前回と同じと考えるのはどうかと思うぞ。今回のお客様は、競合Y社でも契約不成立だったらしいし、担当者がかなりくせ者だという噂だよ」
Cさん 「え、そうなんですか…。どうしよう、頑張れるかな…」
H課長 「ん?どうした?何か問題でもあるのか?」
Cさん 「いいえ。何をどのくらい頑張ればいいのか急に不安になってしまって…」
H課長 「とりあえずいつも通り頑張れば大丈夫だよ。週明けに打ち合わせだな」
Cさん 「はい…頑張ります」

 ところがです。翌日、Cさんは就業時間になっても出勤せず、携帯に連絡してみても留守番電話になるだけ。夕方になってから、「体調がすぐれないので数日間休みを取りたい」とメールしてきました。

「根拠のない自信」を
「根拠のある自信」に変える

 いつも自信満々で、忙しくても元気に仕事に向き合っていたCさんがなぜ──。H課長は驚いた上に、自分の指導に落ち度があったのではないかと悩みました。

 なぜ、このようなことになったのでしょうか。

 私のカウンセリングを受けにくるクライアントの、特に若い世代によく見受けられるのですが、先週まで笑顔で仕事をしていたのに、予測不能な事態やキャパオーバーを感じる仕事と直面した途端に、「自信をなくしました」とうなだれる人たちは少なくありません。