自宅・職場以外の居場所を作る
好きな食べ物を味わう、ぐっすり眠る

「自宅・職場以外の居場所を作る」ことを考えよう。

 自宅でもなく、職場でもない、自分だけの居場所を作る。私の場合、通勤前にくつろぐことのできるカフェに毎朝寄っていて、そこで過ごす時間は“憩い”のひと時だった。

「好きな食べ物を味わう」ことを楽しもう。

 好きなお寿司ですら味がしない、砂を噛むような味がする、という経験をしたが、それは精神的にかなりのダメージを受けていたからだろう。

 徐々に味覚が戻っていった。味覚がなくなるというのは本当につらい。食べるというのは生きる楽しみの一つだ。

 味覚が戻ると、味を感じられるというそのことに大きな喜びを感じた。味覚のある人は、ぜひ、自分が心からおいしいと感じるものを、味わってほしい。

 最後に「ぐっすり眠る」こと。

 食べること、眠ることは、人生の基本だ。

 食事と睡眠がその人の「心身の状態」を作っていく。眠れないほど精神的に圧迫されている場合は、医師や薬の力を借りることも必要かもしれない。

 その場合は、ためらわずに医療機関を受診し、医師に相談しよう。

 質の良い睡眠をとっている間に、要らない脂肪など老廃物を排泄することや、肌の回復など、身体がリセットされていく。睡眠をおろそかにしてはならないのだ。