中国での有名歌手も名声を捨て、歌舞伎町のママに転身した謝鳴さん
中国での有名歌手の名声を捨て、歌舞伎町のママに転身した謝鳴さん

3年前に惜しまれつつ閉店した、伝説の中国クラブがある。新宿歌舞伎町の『浪漫亭』。バブル時代から2000年代にかけて一世を風靡した中国クラブだ。その店のママが上海出身の謝鳴。80年代の中国で歌手デビューし、100万枚のアルバムセールスを記録した有名歌手だったが、1988年、中国での実績も名声もすべて捨てて来日。その後、歌舞伎町でクラブを経営しつつ日本でも歌手デビューを果たす。DOL特集「隣の中国人」第4回は、そんな“歌舞伎町の歌姫”の成功と失意の物語を2週連続でお伝えしよう。

“中国人移民”が大挙して
押し寄せたバブル時代

 現在、在日中国人・華人(日本国籍を取得した中国系住民)の数は92万人を突破し、不法滞在者を含めると100万人以上にのぼると見られている。仙台市の人口とほぼ同程度の数の中国人がすでに日本に根づき、一大勢力を築きつつあるのだ。日本はいまだ「移民」を認めていないが、彼らはすでに事実上の「移民」と言っていいだろう。

 そんな大陸からの「移民」が最初に大挙して押し寄せてきたのが、中国で「64天安門事件」が起きた1989年前後のことである。この歴史的事件の影響というよりも、1983年、当時の中曽根康弘首相が表明した「留学生10万人計画」の影響が大きい。