レクサスLF―1リミットレス
レクサスLFー1リミットレス 次世代フラッグシップ・クロスオーバーを提案したコンセプトカー 特徴はロングノーズでキャビンが後方寄りにある点と重心を低く見せるデザイン 各部の完成度は高い 市販時期は未定

革新の雄姿である。デビューは米国デトロイトショー。イメージは最高級セダンLS。レクサスLFー1リミットレス・コンセプトは、いっそう豪華に、いっそう華麗に前進するSUV、ラグジュアリークロスオーバーの新しい提案である。注目のパワーユニットは燃料電池、EV、PHV、ハイブリッド、ガソリンと、各エリアの要望に応じた多種多彩な展開を想定している。発表時期は未公表である。

次世代フラッグシッレプ・クロスオーバーの新提案
LSベースのSUVというイメージ

 レクサスLF-1リミットレスは、次世代フラッグシッレプ・クロスオーバーの新提案。LSベースのSUVというイメージだ。レクサスは2025年をメドに、全世界の全モデルに、電動専用車か電動グレードを設定する計画を進めている。LF -1リミットレスは、パワートレーンにガソリンやハイブリッドをはじめとして、プラグインハイブリッド(PHV)やEV、燃料電池(FCV)と、全方位を想定している。

 トヨタの米国デザイン部門、キャルティ(CALTY)が手がけたボディは、ロングノーズでキャビンが後方寄りにある設計。これは、新型LSと同じ手法である。フロントマスクは、立体的なスピンドルグリル。リアは、左右に分割されたルーフスポイラーが目を引く。ボディパネルはダイナミックそのもの。ボディサイズは、全長×全幅×全高5014×1986×1605m/m、ホイールベース2974m/m。

 インテリアは、ドライバーのジェスチャーに反応するモーションコントローラーを装備。視認性の高いディスプレイなど、インターフェイスは最新設備である。