「社会保険の壁」を越えるのは
全員、断固としてイヤ!と言う

 続けて「社会保険の壁」について解説をした。妻のパート収入が130万円未満なら、会社員の夫の「社会保険の扶養」に入ることができ、保険料を払わずに済むが、その「壁」を越えると妻は夫の社会保険の扶養から外れて、自分で年金や健康保険の保険料を払わなくてはいけなくなる。従業員501人以上の大企業で働く人で一定要件を満たした場合は、年収106万円以上働くと、その会社で社会保険に入ることになる。

 つまり、妻の「社会保険の壁」は、パート先が大企業なら「106万円の壁」、中小企業なら「130万円の壁」ということだ。妻が自分で年金や健康保険の保険料を払うようになると、年収アップよりも支出アップのほうが多くなり、妻の手取りが減り「ソン」が発生する。下のグラフで見るとわかりやすい。

「130万円の壁」図解

 パートさんにグラフを使って「社会保険の壁」の解説をする。再度、ディレクターが「あらためて、今年の目標年収は?」と問いかけると、全員がボードに「129万円」と書いた(制度上は130万円未満だが、パートさんは129万円と書いた)。理由は「自分で保険料を払うとソンだから」。グラフを見たら、そう思うのも無理はない。でも、将来、自分の年金が増えるメリットもあるんですけどね。