トヨタ・アルファード・ハイブリッド・エグゼクティブラウンジSS
トヨタ・アルファード・ハイブリッド・エグゼクティブラウンジS Sはエアロパーツを装備したパーソナル仕様 安全装備のトヨタセーフティセンスは機能を高めた 衝突被害軽減ブレーキは自転車や夜間時の歩行者を検知 価格:THS 750万8160円

走る“エグゼクティブラウンジ”の最大のテーマは乗員乗客が大満足する快適性と保全である。セールス好調の3rdアルファードと2ndヴェルファイアがマイナーチェンジした。いわゆる書籍の[不備欠点を直す]という改訂版である。ニューモデルは乗員主権の発想をいちだんと高めて、威厳性ある完璧な姿で登場した。

乗員の快適性重視。ショーファーカー
新アルファード

 大型ミニバンのセグメントで圧倒的な人気を獲得しているアルファードとヴェルファイアが、マイナーチェンジした。

 エクステリアの基本骨格は従来モデルと同じだが、ライト回り、グリル、バンパー、バックドアガーニッシュなどは新たにデザインされ、インパクト抜群の存在感がいっそうアップした。

 エクステリアイメージのキーワードは、アルファードが豪華雄壮、ヴェルファイアが大胆不敵。「なるほど!」とうなずける。

 最近、国会の門前でアルファードやヴェルファイアから議員が降りてくる映像を、ニュースなどでよく見るようになった。